節句

※当ページの無断転載・複製は,堅くお断り致します。
(C) 1999,2002 Mira House. All rights reserved.


 “節句”(節供)とは,季節の変わり目である節日(せちび)に行ったお供え物,“せちく”(節供)が転じて,節日そのものを指すようになった言葉。
 中国では,奇数を“陽数”といって縁起がよいとされており,節句は奇数が重なった重日(じゅうにち)となっている。中でも9月9日は,陽数の一番大きな数字(極)が重なる日であることから,重陽(ちょうよう)と呼ばれる。

五節句
名称
(読み方)
日にち行事
人日
(じんじつ)
1月7日七草粥
上巳
(じょうし)
3月3日雛祭り
端午
(たんご)
5月5日あやめの節句
七夕
(たなばた)
7月7日七夕祭り
重陽
(ちょうよう)
9月9日菊の節句,登高

重陽:
 平安時代は,天皇が群臣に詩を作らせ,菊酒を賜る菊の宴(重陽の宴)が宮中行事となっていた。起源は,髪に茱萸(しゅゆ)を差し,菊の花を浮かべた酒を飲んで邪気を払い,寒さに備えつつ紅葉を楽しんだという中国の行事。
 “おくんち”(お九日)は,重陽を秋祭りの日として尊んだ別名で,長崎くんち が有名。




Home   ミラハウス歳時記