AIR

ノートパソコンでもゲームの話でもありません。

最近RIAなんていうキーワードがはやりつつあります。Rich Internet Applications のことで,web2.0の先にあるような物と言っていいのでしょうか。webの表現力やプロトコルの限界が見えてきて,ブラウザだけでできないことをAdobe Flashのようなプラグインで実現してきましたが,ブラウザなしでも使えるようにという時代の要請のようです。(それってなんていうクライアントサーバシステム?)

でもって,Adobeが出してきたのがAIRというプラットフォーム。RIAの逆ですが意図的かどうかは知りません。今日これが正式リリースのようです。昔はApolloって呼ばれていたようです。

Microsoftの対抗技術がSilverlight。こちらもこなれてきたようです。

本格的なweb2.0がくる前に終わってしまうのでしょうか。

3 thoughts on “AIR

  1. gzutetsu

    Appoloというとワークステーションを思い出します。HPに吸収されたと記憶しています。また,HPといえば,いまはHomePageを示すようで。何だかついていけませんね。
    AirやSilverlightは,Web2.1なのか,Web3.0なのか。Web2と言わず,2.0と言ったのはなぜなのでしょうか? わたしのような素人には理解できません。

    返信
  2. Nto

    HPのワークステーションはさすがに知りません(^^;
    2.0も言われてみれば謎ですね。あと,正式サービスとしか思えなくてもbetaだったり。不思議な業界ですよね。

    返信
  3. gzutetsu

    βみたいなサービスっぽい,っと言ったところでしょうか。はっきりしないところが,いまふうですね。^_^;

    返信

gzutetsu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください