OpenBlockS 600 用のCF(コンパクトフラッシュ)

 OpenBlockS 600D はdebianをインストールしていて,かつCFなしでも運用できるのが売りです。ルータやDNSなどの特定目的ならこれでいいのですが,普通のLinuxサーバとして使うには/homeにそれなりの容量がほしいですし,flashcfgでデータをROMに書くという運用も多少面倒です。というわけで,CFを探します。
 実はCFにもピンキリあって,データ用ではなく,OS用として使うにはスピードが速く,書き換え耐性の高いCFを選ぶ必要があります。具体的にはメモリチップにSLCが使われているものを選ぶことになります。安いCFはたいていMLCが使われているので,見極める必要があります。

 面倒なのでAmazonで探しました。TranscendやPhotoFastあたりが買いやすそうです。どちらもこの手のメモリでは実績もあるので問題ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください