Mac OSX High Sierra にすると謎のパージ可能領域が消せない件

重い腰を上げてHigh Sierraにアップデート

Mac OSX のメジャーバージョンアップはいつも少し憂鬱。バージョンアップで動かなくなるソフトが出るのは承知のとおりだが、私の使っている大半のソフトはリリースまでに対応済みのことが多い。

問題は仮想化のVMware Fusionである。OSのバージョンアップのたびにVMwareのバージョンも上がり、毎回安くはないアップデート費用を取られる。それほど頻繁にVMwareを使うわけではないので、バージョンアップには乗り気になれない。そんなわけでVMware FusionからVirtualBoxに乗り換えたのだが、それはまた別の話。

ハードディスクのパージ可能領域

High Sierraにアップデートをした直後からハードディスクがみるみる減っていく。不要ファイルを消したり再起動しても一向に空き領域は増えず、むしろ時間とともに減っていく。いくらなんでもおかしいと思い調べたところ、パージ可能領域というのが圧迫しており、これがTime Machineと関係していることが判明した。このパージ可能領域を簡単に削除する方法が簡単ではなかった。

Time MachineはMacのバックアップソリューションだが、ノートパソコンなどではたまに外付けハードディスクをつけてバックアップすることが多いと思う。そんな運用が多いのはお見通しなのか、High Sierraからは外付けハードディスクがない間は内蔵ディスクにローカルスナップショットを保存取得しておく設定がデフォルトになった。これがパージ可能領域の正体だった。

ローカルスナップショットの確認と削除方法

まずはローカルスナップショットの確認

$ tmutil listlocalsnapshots /
com.apple.TimeMachine.2017-11-18-104524
com.apple.TimeMachine.2017-11-18-123140
com.apple.TimeMachine.2017-11-18-183524

ここでは3つのスナップショットが見つかった。削除方法は以下の通り。

$ tmutil deletelocalsnapshots 2017-11-18-104524
Deleted local snapshot '2017-11-18-104524'

これでパージ領域がなくなったはずだ。

ローカルスナップショットの停止方法

残念ながら、停止方法はわからなかった。Time Machineそのものを止めてしまえば、これ以上スナップショットが増えない。もしくは空き領域が極端に少なくなると自動的に削除されるそうだが、こちらは検証していない。

2 thoughts on “Mac OSX High Sierra にすると謎のパージ可能領域が消せない件

  1. mmbeans2003

    こんばんは
    最近HighSierraにアップデートして(Yosemiteからいきなりだったのもあり)利用可能容量と空き容量とのギャップに悩んでおりました。
    無事解決しました。非常に感謝しております。情報ありがとうございました。

    返信
    1. rnaito 投稿作成者

      Time Machine の設定で、「バックアップを自動作成」のチェックを外すとローカルスナップショットは作成されないようです。そのかわり、毎回手動でアップデートを開始しないといけませんが。よろしければお試しください。

      返信

rnaito にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください