日食がおこる条件

 私たちが日食を見ることができるのは,偶然にも,太陽と月の見える方向が同じで,しかも太陽と月が同じ様な大きさに見えるという条件に恵まれているからです。
 そう,実は太陽は月の400倍も大きいのですが,月より400倍も遠くにあるため,地球から見ると,ほぼ同じに大きさに見えるのです。この大きさと距離の偶然が,私たちに美しい日食を見せてくれます。

 ところで,太陽と月はいつでも同じ方向に見えるわけではなく,日食が起こるには次のような条件が必要になります。

 地球から見る太陽の通り道(黄道)と月の通り道(白道)は,約5.2度の角度でずれており,同じ新月でも,月と太陽が重なって見えるとは限らないのです。こういう場合,日食にはなりません。(参考:黄道と白道

日食が起こらない時の黄道と白道
日食が起こらない時の黄道と白道

 
 そして,太陽と月が黄道と白道の交点で出会う(新月になる)とき,月が太陽を隠し日食が起こります。
 このような新月は,約1年半に1回の間隔で,地球上のどこかに訪れます。

日食が起こる時の黄道と白道
日食が起こる時の黄道と白道