皆既月食の写真 2000年07月16日

 2000年7月16日の皆既月食は,日本から見られる皆既月食としては1999年7月以来1年ぶりでしたが,月が本影の中心近くを通過する深い食で,皆既時間が107分にも達する長い月食として注目されました。次回にこのような深い月食が見られるのは,2011年6月のこととなります。

2000年7月16~17日の皆既月食
半影食始 部分食始 皆既始 食最大 皆既終 部分食終 半影食終
16日
19h46.6m
16日
20h57.2m
16日
22h02.1m
16日
22h55.6m(食分1.773)
16日
23h49.1m
17日
0h53.9m
17日
2h04.5m

 
 この日,京都では祇園祭の宵山でした。写真は八坂神社の境内です。宵山の八坂神社では鷺舞や石見神楽の奉納が行われ,山鉾町とは違った風情を楽しむことができます。
 下の写真は,神楽の奉納も終わった午後10時過ぎ,祭り提灯に彩られた八坂神社の屋根の上に輝いていた赤銅色の月です。ノイズが多いのは,市場に出回り始めたばかりの初期のデジカメで撮影しているためです。

2000年07月16日@京都八坂神社
2000年7月16日 22時16分撮影 / Camera: RICOH DC-3Z(京都八坂神社にて)