fring

 iPodタッチにアプリケーションを入れて楽しんでいます。
 この間入れてみたのはfringというソフト。iPod touch,iPhoneの上で動くインスタントメッセージのクライアントです。複数のメッセージサービスを一つのアプリケーションで閲覧できてとても便利です。
 この手のソフトを導入するときに一番気になるのが,セキュリティ。fringのサイトにユーザ登録するのですが,これは良しとしましょう。この後に,各メッセージサービスのユーザとパスワードをアプリケーションに登録するのですが,このユーザとパスワードはどこに保存されるんでしょう?
 と,考えていると夜も眠られないので,最近は少々諦めています。大手のクレジットカード会社ですら個人情報を漏らしますし,気に病んでいても仕方がありません。みんなが使っているから大丈夫。自分の個人情報など大して価値がないと思うことにしています。(とはいいつつも最大限に気にする。。。)

 そんな話はおいといて
 このソフトを使ってみて思ったのは,自分がビックリするぐらいアカウントを持っていること。Skype,ICQ,Google Talk,MSN Messenger,Twitterなどなど,何でこんなにアカウントがあるんだろうと思います。fringで対応していないところでは,wassrとかまだまだありそうな気がします。
 えらく不便に感じます。別にメッセンジャーにハマっているわけでもないのにこの有様です。こういうところこそOpenIDやらなんやらで統一できないものでしょうか。
 って,さっきセキュリティの話をしたばかりでした。セキュリティ上は別のアカウントがいいことは分かっています。でもねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください