スターダスト現象・氷霧・星のささやき・光の春

© 2003 Mira House. All rights reserved.
※当ページの転載・複製は,一切お断り致します。


 北の地方ではまだまだ冬の真っ盛りですが,それでも日の長さに春を感じますね。そんな2月にふさわしい,冷たい言葉と春の言葉をご紹介しましょう。

水仙

スターダスト現象: 空気中の水蒸気が凍り,まるで星屑(スターダスト)をまき散らしたように空気がキラキラと輝いて見える現象です。日本でも,寒い日の北海道で見られることがあります。

氷霧(こおりぎり・ひょうむ): 空気中の水蒸気が氷の結晶となって浮かび,1km先がぼやけてみえる現象です。霧氷とは異なる現象なので,注意しましょう。

星のささやき: 氷点下50℃くらいになると人の吐く息もたちまち凍りますが,その細かい氷の粒が耳元でたてるカサカサという音を,ロシアのヤクーツク地方の人たちはこう呼んでいます。

光の春(ひかりのはる): 冬の長いロシアで,徐々に日が長く,空が明るくなっていく2月を呼ぶ言葉です。日本では,日脚が長く,日差しが強くなっていくことで感じる立春から春分までの春を“光の春”,陽気が暖かくなる春分から立夏までを“気温の春”と呼んでいます。
雪解けの水の音や鳥の鳴き声など耳で感じる春のことを“音の春”と呼ぶこともあり,春は,光の春(2月)→音の春(3月)→気温の春(4月)の順番でやってきます。


Mira House   歳時記バックナンバー