ssh-agentとpkcs11をmacOSXで使う

すごくわかりにくいタイトル

YubikeyにSSHの秘密鍵を入れて、ローカルのハードディスクに鍵は置かないといころまではうまく行った。つぎにあちこちのPCやらサーバから鍵を消しまくりたいのだが、接続した先のサーバから別のサーバに接続なんてケースはママある。ということでssh-agentの登場となるわけですが、ssh-agentにファイルとして存在していない鍵(Yubikeyのようなスマートカード)をどう追加するかという話。

ssh-add -s /usr/local/lib/opensc-pkcs11.so

これで行けることはわかっているんですが、Macだとどうしても動いてくれない。どうやらssh-agentのマニュアルを読むと-Pオプションで、信頼できるpkcsライブラリで指定するらしい。これがデフォルトだと/usr/lib*/*と、/usr/local/lib*/*になっているようで、上のopensc-pkcs11.soも問題ないじゃないかと思っていのだが、MacOSXの場合はHomebrewでopenscをインストールしており、上記のパッケージもシンボリックリンクでおいてあった。

-Pオプションにオリジナルの場所を追加しようとしたのだが、どうもうまく行かず、非常に安直なworkaroundだが、オリジナルをコピーして/usr/local/libにおいたらうまく動いた。

アップデートしたら動かなくなるかもしれないし、脆弱性があっても放置される可能性があるので、おすすめはできない。-Pオプションで解決したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください