Mac OSX のインターフェースに複数のアドレスを割り当てる方法

OSXで複数のIPv6アドレスを割り当てたい

自宅のネットワークがIPoEによりIPv6ネイティブ接続になったので、クライアントであるMacにIPv6のアドレスを割り当てようとしました。今回割り当てようとしているIPv6アドレスは、機器に勝手に割り当てられるリンクローカルアドレス(fe80::/64)と、IPoEのRAでふってくるGUA(Global Unicast Address:今回は2409:252::/64)と、いわゆるプライベートアドレス的なULA(Unique Local Address:fd00::/48)の3つです。

リンクローカルアドレスは問答無用で割り当てられるので無視ですが、残りの2つは設定のネットワークを見てもどちらか一方しか割り当てられないように見えます。TCP/IPの設定のIPv6の設定は自動化か、手入力か、リンクローカルのみの三択です。自動はGUAの割当のことです。

さらにULAを割り当てたい場合は、左のペインで「+」を押して、インターフェースを増やします。今回の場合はWi-Fi 2という名前です。

この新しくできたインターフェースのTCP/IPの設定でIPv6の手入力を選択し、ULAを入力します。IPv4の設定や、DNSの設定は全て空白のままでいいです。

/sbin/ifconfigで見ると、IPv6のアドレスが追加されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください