邪魔なんですが(^^;


On the PC screen

Originally uploaded by Snow_owl

放鳥すると,ベリーはどうしてもここに来たいらしいです。

こっちを向いているときはまだよいのですが,後ろを向くと長い尾羽がモニタの前をゆらゆら。
要するにパソコン見るなということですか(^^;。

落ち着くと毛繕いをしてキーボードにフケをまき散らします。是非とも止めてほしいのですが,どうしてもここが良いらしいです。しまいにキーボードの上に下りてきて,キーを取り外そうと頑張ります。

パソコンはベリーにとってかなり魅力的?

090501-144350_berry.jpg090501-144338_berry.jpg090501-144230_berry.jpg090501-144138_berry.jpg

居眠り


Drowse

Originally uploaded by Snow_owl

ヒナの頃。
遊び疲れて,翼をだらりと落として居眠りしています(^^;。

大人になってからは,どんなに疲れていてもこんなだらしない格好で居眠りなんてしなくなりました。

小さい頃の写真って懐かしい。この頃,今のように性能のよいデジカメがあればよかったのになー。

外で水浴び


Bather

Originally uploaded by Snow_owl

4月とは思えない暑い土曜日。
久し振りに,植物でいっぱいのベランダを片付けて場所を作り,ベリーに,日光の下で水浴びをさせました。

その後,ケージの外枠から食べ物を入れる容器,玩具に至るまで全て熱湯殺菌。

綺麗に掃除されたケージに戻ったベリーは何だか異常にご機嫌で嬉しそうで,しばらくすると,「ベリーちゃん,ヒマワリ,ヒマワリ」などと喋ったり,嘴をケージにぶつけて音を立てたり,私が植物に水やりするのを見て水が流れる音を真似したり,もの凄く楽しそうに過ごしていました。これはベリーが来たばかりだった五年前の冬によく見せた行動ですが,最近はこんな姿を見せることもなくなっていたので,何だかとても懐かしかったです。

久し振りの外の水浴びが気持ちよかったのか,突然昔を思い出したのか? でもベリーは決して「ヒマワリ」を言えなくなっていたわけでもなかったし,水が流れる音を真似できなくなったわけでもなく,気が向かなかったのですね。

今日のベリーが楽しんでいるのと同じ姿はもう見られないかも知れないし,五年後にまた見られるかも知れない。五年前の冬が再現されているようなベリーに,何だかとても感動したのでした。

 

気になるベリー


Berry and berries

Originally uploaded by Snow_owl

「ベリー」と名のつくものを見掛けると,とにかく気になります。

「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」とか,momoko DOLLの「ベリーハンター」とか,ベリーのケーキとか,諸々。
「ベリーたっぷり」なんて言われちゃ,そりゃあ気になりますよ!

「ほら,ベリーたっぷり」と言ってベリーに見せたら,「フッ!フッ!」と言ってむっちゃ怒られました(^^;。

051016-Berry01.jpg

外へ出たいよ


Outward

Originally uploaded by Snow_owl

放鳥の時,最初に外へ出す時は必ず「ベリーおいで」と声をかけ,一旦人の手に乗せてからケージの外へ出すようにしています。勝手に出たらケージに追い返されてやり直しをさせられるので,ベリーは大抵その手順を遵守します。

ケージの外にいるベリーは,時に勝手にケージに帰ってしまうことがありますが,勝手に帰ったときは,また勝手に出てきます。それは私たちも黙認しており,べりーも自由に出たり入ったりできる状況を気に入っています。

でも,「ハウス」と命令されて一旦ケージに帰った後,まだケージの扉が開いている時は,次に外へ出るとき,再び人の手に乗る必要がある…とベリーは理解しているようです。
そんな状況のときは,こうやって必ず出入り口に留まり,「おいで」と手を差し出してもらえるのを待っています。待っていても人が気づいてくれないと,ピヨピヨ言って自己主張します(^^;。

ちなみに,「ハウス」と言われたら,ベリーはちゃんと自分でケージに帰ります。
賢いですよね!?


くつろぎタイム

ベリーにアマゾン箱で作ったネストが与えられたのは昨年11月のことでした。→ 籠の中の鳥
ネストは気に入られ → 隠れ家 ボロボロになったため,現在2代目の隠れ家が活躍しています。新しいネストが与えられると,ベリーは熱心に側面の窓を囓ります。決して無計画に遊んで囓っているわけではなく,窓を好みの大きさにし,快適なネストに仕立てているのです。窓の大きさはこれがいいようで,この大きさになってから囓らなくなりました。最近はネストを覗いても以前ほど怒らないので,ちょっとつまらない。猛獣みたいに怒る動画を撮りたかったのに(^^;。

090307-153200_Berry.jpg

ベリーはオスなので,こういう場所を作っても寛いだり遊んだりするのに使うだけで卵を産む心配がないのが助かります。

奇跡

観葉植物は全て有害です!…と言ったら言いすぎですが,それくらいの気持ちで注意を払わなければなりません。家の中にありがちな植物の中では,ポインセチアはもってのほか,サトイモ科も有害なものが多いので,ポトスやスパティフィラムもNG。
ポインセチアもポトスもスパティフィラムもうちにありますが,ベリーのいない部屋です。

ベリーが放鳥される部屋にはパキラとシェフレラがあり,これらはまぁ有毒ではありませんが,囓らせない方がよいのは明白です。ベリーは「ダメ」と言われたことは喜んでやってみようとするので,彼がこれらの植物に近寄らないように何気なく注意を払うのが賢いやり方です。

が,実際のところ,ベリーは観葉植物を囓ってみたくてたまりません。
葉っぱを見れば囓ってみたくなるのが習性なようで,彼が植物に近づいたとき,思わず大声で「こらっ!」と言ってしまったことが何度もあるため,ベリーは試してみたくて仕方がないのです。

そして,彼はなかなかの知能犯。
「知らないよー,観葉植物になんて,ぜんぜん興味ないんだからねー」という顔をして何気なく近づき,人の注意が逸れた隙にささっと寄っていって囓ろうとします。こちらもそれを知っていて,ギリギリになって大声で「こらっ!」と叱ります。すると,ベリーは「あら?何言ってんのかしらぁ~?」ってな感じで何食わぬ顔で止めます…(^^;。

ずっとずっとこれの繰り返し。下の写真はある意味奇跡です。
このベリーは,興味がないふりをしているのではなく,本当におとなしくシェフレラの下に座っていました!

090304-212302.jpg

体重103g。をいをい,それは太りすぎ!