一緒におやつ

ベリーにとって「家族と食事」は重要なことのようで,私たちが食事をするとき,
ふと見ると必ずベリーも食事をしていますが,彼が一緒に食事をすべき相手は
人間だけではなさそうです。

我が家には熱帯魚がいますが,熱帯魚に餌をあげるとき,
ついでにベリーにも,シードのおやつを少しだけあげていました。
ベリーがまだヒナだった頃から。
おかげで,お魚の餌が入った引き出しに近づくだけで,
自分もおやつをもらえるものだと思って大騒ぎする子になってしまいました(^^;。

また,熱帯魚に餌を与えた後,私自身も珈琲を入れて飲むことが多かったのですが,
おかげで,私が珈琲置き場に近づくだけで,
自分もおやつをもらえるものだと思って大騒ぎするようになってしまいました。

しかも不思議なことに,
熱帯魚の餌以外の用事でその引き出しに近づいても騒ぎませんし,
珈琲以外の用事で珈琲置き場へ近づいても騒ぎません。
何故わかるのでしょう(^^;?

090111-103756.jpg

写真は今日のベリー。
相変わらず自分のケージの上が大好き。
ケージの上の黒い布は,ベリーが寝るときにかけている布ですが,
この布をぐしゃっと置いておくと,布に上って遊んだりして楽しそうなので,
景観が悪いと思いつつ,いつもここにこんな感じで置いています。

隠れ家

N10さんが先月作った段ボールのネスト(参照:籠の中の鳥)は,かなり気に入られています。
ただ中でボーッとしたり,囓って遊んだり,中を走り回ったり。
宙に浮いた段ボールなので,ベリーが中を走り回るとパタパタ音がするわけですが,ベリーはこういう音が大好きなんですよね。

で,自分の重要なテリトリーということなのでしょうが,ベリーがこの中にいるときに話しかけると,大抵不機嫌そうに「フッ!」と怒られます。別に覗いたりせず,遠くから話しかけてるだけでも怒られます。覗いたり手を出したりしようものなら,狂った猛獣のような狂暴さで怒ります。
まぁいいのだけど,ちょっと怖いです。

081216-130529_berry.jpg081216-130519_berry.jpg

引き続きマクロレンズ

前回の写真は,夜に絞り解放で撮っているので被写界深度が浅い写真になっていました。
今回のは昼間の明るい時間帯に,絞って撮っています。

12月6日に n10さんが撮った写真です。

081206-113729.jpg081206-113707.jpg081206-113707(1).jpg081206-113704.jpg081206-113701.jpg081206-113659(1).jpg081206-113647.jpg081206-113639.jpg081206-113609.jpg

瞬きしている鳥の写真は,単純に珍しいのではないかと。
で,こちらは,翌12月7日の写真。
081207-152136.jpg
自分のテリトリーで幸せそうにしている鳥です(^^;。

マクロレンズで

12月2日の夜に n10さんが撮った写真です。
まったくカメラ慣れしたオカメインコです(^^;。

081202-211439.jpg081202-211431.jpg081202-211426.jpg081202-211417.jpg081202-211412.jpg081202-200410.jpg081202-200349.jpg081202-200326.jpg

 体重98g。

ヒナの頃から,放鳥の前に体重を量るようにしています。
おかげで,ベリーは体重計が出ていないと,いくら「おいで」と呼んでもケージから出てこない子に育ってしまいました(^^;。

久々の水槽の前

081126-185243.jpg 昔,ベリーは水槽の前で遊ぶのが大好きでした(2004年の写真)。中の水草に興味があったようです。水槽に踏み入ろうとして,よく水槽に足をかけていました。熱帯魚たちは当然怖がって隠れていました(^^;。

ここ数年,あまり水槽の前で遊ばなくなっていたのですが,昨日の夜,やたら楽しげな声を出して,久し振りに水槽の前をウロウロしていたので,沢山撮ってしまいました。
お魚たちは,やっぱり嫌そうでした(^^;。

081126-185311.jpg 081126-185332.jpg 081126-185321.jpg081126-185326.jpg 081126-185337.jpg 081126-185316.jpg

体重 95g。

籠の中の鳥

静かになったと思ったのは勘違いでした。
ここに書いた一日だけやたら静かで,翌日から雄叫びしまくりの超うるさい鳥に変貌しました。
やっぱりまだ発情期が続いている?
巣箱でも与えたら中で静かにしていてくれないだろうか?

というわけで,N10さんが段ボールで巣箱を作りました。
その間,ケージの天井は外されていましたが,写真の通り,自分のケージをこよなく愛しているベリーは大人しく中にいて,外で作業をするN10さんを眺めていました。

081116-135921.jpg  081116-135951.jpg 081116-135955.jpg


081116-140017.jpg 081116-140005.jpg



我が家では,「籠の中の鳥」という言葉は「自分のテリトリーで寛いでいる鳥」のことだろうと言っています。