起こすまで寝ている鳥

 ベリーを迎える以前,雑誌かなにかで「うちのオカメインコは起こすまで寝ている」という記事を読んで「まじ!??」と思ったものですが,まったくですね。
 先日のこと。朝起きて照明をつけ,色々と朝の活動をし,明るくなってきたのでカーテンを開け,考え事をしながら不用意にベリーのケージにかかっている夜用の毛布を外したら,熟睡していたらしいベリーは驚いてオカメパニックに;;

 声をかけなかった私にも勿論落ち度があるわけですが,明るくなって人間が周囲を歩き回っているのに,驚いてパニックになるほど深く眠っているって,鳥としてどうよ? 確かにベリーは生まれたときから一度も野生だったことがないわけですが,それにしても野生の危機感なんてものは完全に捨てていますね。
 それ以来,ものすごく気を遣って,何度も声をかけながら毛布を外すようにしています。

 写真は昨日。背景のごちゃごちゃは見なかったことにしてください(^^;。同じ部屋にいてもとにかく私が作業している近くにいたいらしくて,可愛いけれど面倒><
2013-02-19 (1)

2013-02-19 (2)

“起こすまで寝ている鳥” への2件の返信

  1. そう言われると、うちもケージの布を取るまでは静かにしています。
    就寝時間13時間なんですが、放っておくともっと寝ていそう…w
    セキセイを飼っていた時は朝になるとゴソゴソ音がしたりしていたので
    オカメは本当に寝ているんですねww

  2. もこさん宅でも同じですか~。
    子供の頃に飼っていた十姉妹や文鳥は早起きだったので
    ベリーのねぼすけぶりにはびっくりですが、
    そこはやっぱり、さすがおっとりのんびりなオカメですねw
    こういうところが妙に人間っぽくて面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください