視直径

 恒星は望遠鏡でどんなに高倍率にしても光の点にしか見えません。それに対し,太陽や月や惑星は面積を持って見ることができます。視直径とは,これら面積を持って見える星々が,実際にはどれくらいの大きさに見えるのかを表す言葉です。

 星を円と見立てて,円の直径と私たちの目の焦点で二等辺三角形を描いた時,その頂点の角度を視直径といいます。
 ほんの小さな角度ですが,数値が大きければ大きいほど天体は大きく見えます。

視直径
視直径

初心者必見! 太陽や月や星を眺めるためのちょっとしたコツや,知っていればより楽しくなる情報です。