火星の大接近

 火星は,だいたい2年2ヶ月(780日)ごとに地球に接近します。
 けれど,地球の軌道がかなり円に近いのに対し火星の軌道はかなり楕円であるため,火星軌道上のどの位置でを迎えるかによって,同じ衝でも火星と地球との距離は大きく違ってきます。

 これが,大接近とか中接近とか小接近とか呼ばれるものです。

 図をよく見てみましょう。

地球と火星の軌道
地球と火星の軌道

 火星がその軌道上で遠日点(太陽から一番離れる位置=地球からも一番遠い)を通過するのは地球の2月下旬,近日点(太陽から一番近い位置=地球にも一番近い)を通過するのは8月下旬で,地球と火星の距離は近日点付近と遠日点付近で2倍くらい違っています。
 当然,私たちが見る火星の視直径にも大きな違いが出てきます。

 つまり,地球の8月~9月頃に火星が衝を迎えると大接近になり,地球の2月~3月に衝を迎えると小接近になるというわけです。
 具体的にどれくらい違っているかといえば,大接近だった1971年の視直径は24″.9,1988年は23″.8だったのに対して,小接近だった1980年ではたったの6″.9。
 こんなにも違うのですから,大接近は見逃せませんね。

初心者必見! 太陽や月や星を眺めるためのちょっとしたコツや,知っていればより楽しくなる情報です。