月待ち

 “月待ち”とは,ある特定の形(月齢)の月が昇るのを待って多くの人々が集まり,供え物をしたり拝んだりする行事をといい,三日月待ち,十三夜待ち,十六夜待ち,十七夜待ち,十九夜夜待ち,二十二夜待ち,二十三夜待ち,二十六待ちなどがあって,各地に月待ち塔が残っています。
 古くは,16世紀,京都の公家社会で二十三夜待ちが行われていたことが知られており,この行事は,やがて民間へと伝わっていきました。
 
 月待ちで重視されていたのは正月・5月・9月の月,また,月齢で多いのは二十三夜待ちです。二十三夜が多いのは,満月の後にやってくる半月の形が重視されていたためと言われています。
 江戸時代には,正月と7月の二十六夜に,海を臨む高台へ昇って月を待って徹夜する行事も発達しました。
 

二十六夜に月待ちが行われた東京都千代田区の明神男坂

明神男坂(東京都千代田区)
明神男坂(東京都千代田区)

 「明神男坂」(みょうじんおとこざか)は,台地の上にある神田神社(神田明神)から秋葉原方面へ降りる階段。「明神石坂」とも呼ばれ,天保初年,かんだの町火消の四組が明神へ奉納した石坂だとのこと。かつて坂の脇には大銀杏の木があって,安房上総辺から江戸へ上る漁船の目標になっていた。
 眺めがよく,毎年1月と7月の26日にはここで夜待ち(観月)が行われた。

 民間では,月待ち行事は子宝や子育ての平安を願う女性の集まりであることが多く,これは,月齢周期と女性の月経周期を関連づけたためであろうとも考えられています。

 月待ちと似た行事として,ある特定の日に近隣に住む人たちが集まって飲食しながら日の出を待って夜明かしする 日待ち という行事もありました。
 

初心者必見! 太陽や月や星を眺めるためのちょっとしたコツや,知っていればより楽しくなる情報です。