HR

 流れ星が1時間あたりに何個見られるかを表す用語。

 HRは “Hourly Rate” の略,つまり1人の観測者によって 1時間あたり(hourly)に観測される平均流星数です。
 例えば HR100なら 1時間にだいたい 100個の流星が見られるということになります。
 10分間観測して5個の流星を観測した場合なら,1時間(60分)ではこの6倍の流星が見えると考え,5×6=30と計算し “HR30”とします。

 余談になりますが,もし流星群の放射点が天頂にあって,更に雲の無い理想的な暗い空の下だった場合,1人の観測者が1時間に観測できると推定される流星数を補正して算出したものを“ZHR”(天頂修正出現数)と呼んでいます。

初心者必見! 太陽や月や星を眺めるためのちょっとしたコツや,知っていればより楽しくなる情報です。