秋の星座を探してみよう

秋の旅路はペガススに乗って

 10月の半ばにもなると夜の訪れも早くなり,すっかり深い秋ですね。夜9時くらいになったら外へ出てみましょう。夏の大三角は西に傾き,北の空高くカシオペヤ座。星空も秋模様に様変わりしています。

 まず天頂付近を見上げてみましょう。明るさの揃った4つの星が,ちょっといびつな四角形を作っています。大きさは,カシオペヤ座のWがすっぽり収まるくらい。
 見つかりましたか?
 この四角形は,秋の星空を案内するペガススの四辺形。3個のペガスス座の星に,隣のアンドロメダ座の星が1つ加わってできています。秋の空には明るい星が少ないので,この四辺形はとても便利な案内役になるのです。ぜひ覚えておきましょう。

秋の星座をたどってみよう
秋の星座をたどってみよう

 早速,ペガススの四辺形の西側の二つ(ペガスス座α星・β星)を結んだ線を,南に伸ばしてみましょうか。南の空低く,明るく白い星が光っていますね。これは,みなみのうお座のα星フォーマルハウトです。星の少ない秋の南天に,一つポツンと輝いていることから,この星は日本では南の一つ星と呼ばれてきました。
 (ギリシャ文字のアルファベットの読み方

 それではまた,ペガススの四辺形に戻ってみましょう。
 今度は四辺形の東側の二つ(アンドロメダ座α・ペガスス座γ星)の線を南へ伸ばします。二つの星の間隔を2倍くらい伸ばしたところに2等星が光っていますね? これは,くじら座のβ星デネブカイトス。くじら座には明るい星が少ないのですが,この星がわかると他の星を探しだすのに便利です。

 さて,最後にもう一つ。
 ペガスス四辺形の北東角にあるアンドロメダ座α星と,南西角にあるペガスス座α星を結んで,そのまま南西へ向かって2倍くらい伸ばしてみましょう。3等星が光っています。これはやぎ座δ星のデネブ・アルギェティという星です。やぎ座も明るい星が少ない星座で,市街地では星座の形を見つけるのに苦労するかもしれませんが,この星からたどって探してみましょう。意外と分かりやすい形をしていますよ。


娘自慢のカシオペヤ

 さて,カシオペヤ座から北極星を探したときに少しばかり触れましたが,秋の空には古代エチオピア王家にまつわる星座が勢揃いしています。神話をたどりながら,登場人物を一人一人訪ねてみることにしましょう。

エチオピア神話の仲間たち
エチオピア神話の仲間たち

 カシオペヤが古代エチオピアの王妃様だったことは話しましたね。カシオペヤ王妃とその夫のケフェウス王には,アンドロメダ姫という,たいそう美しい娘がありました。カシオペヤは娘の美しさが自慢でならず,ある日ついつい口を滑らせてしまいます。

 「海のニンフ(精)たちも,アンドロメダの美しさの前ではかすんでしまうだろう。」

 この発言は,海の神ポセイドンをすっかり怒らせてしまいました。それ以来,エチオピアの海岸にはお化けクジラが現れて,人々を脅かすようになります。困ったケフェウスとカシオペアが神にお伺いを立てると,娘のアンドロメダを生け贄にするようにという,むごいお告げ。

 けれども国民の命には代えられず,アンドロメダはお化けクジラの生け贄となって海の岩場に繋がれました。アンドロメダ姫を喰い殺そうと,お化けクジラが迫ってきます。

 そこへ偶然通りかかったのが,天馬ペガススの背に跨った勇士ペルセウス。彼は,メドゥサという怪物を退治して,その首を持ち帰る途中でした。メドゥサとは,それを一目見た者は恐ろしさのあまり瞬時に石になってしまうという怪物のこと。ペルセウスは,アンドロメダへ襲いかかるお化けクジラの前へと飛び出し,メドゥサの首を振りかざしました。
 お化けクジラはたちまち石となり,アンドロメダは危うく一命を取りとめます。そして恩人ペルセウスと結婚し,物語はハッピーエンド。

 秋の空には,カシオペヤの他に,ケフェウス,アンドロメダ,ペガスス,ペルセウス,そしてお化けクジラが星座になって輝いています。

★★★

 カシオペヤは椅子に座ったまま星座にされて,娘自慢の罪で北極星の周りを休むことなく回り続ける運命を与えられました。その近くにケフェウス座。物語でも影の薄い王でしたが,星座になっても暗い星ばかりの目立たない存在です。

 カシオペヤの南には,娘のアンドロメダが鎖に繋がれたまま星座になっています。アンドロメダ座には,有名なアンドロメダ座大星雲(M31)があって,暗い空の下では肉眼でもはっきり認めることができます。機会があったら探してみましょう。
 アンドロメダの西隣には,ペガスス座。ペガススの四辺形は秋の空の案内役でしたから,もうわかりますね。ペガススからたどるくじら座は,ペルセウスに倒されたお化けクジラです。

 そして勇士ペルセウスを象るペルセウス座は,北東の空へと昇ってきたところ。ペルセウスの手には,怪物メドゥサの首がしっかりと握られ,その部分にはアルゴル(悪魔の星)という変光星が輝いています。変光星が知られていなかった昔,明るさが変わる不気味な星として,アルゴルはこんな名前を付けられたのだと言われています。


 秋の星空は明るい星が少なく静かだけど,味わい深い星座たちでいっぱい。じっくりつないでみましょう。