二十四節気と七十二候

二十四節気

 季節の歩みを話題にするとき,立春・大暑・白露・大雪などの名前をよく耳にしますね。これらは二十四節気と言って,太陽の黄道上の位置によって決められた季節区分です。

 5日を一候,三候(15日)を一気とし,一年を二十四気(にじふしき)に分けます。
 また,奇数番目を節,偶数番目を中気と呼びます。

 二十四節気では,太陽の黄経が0度になった時を“春分”と呼び,そこから太陽が15度進むごとに,清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄という名前がついています。


七十二項

 二十四節気を更に3つに分け,約5日ごとに初候(第1候),次候(第2候),末候(第3候)とし,一年を72候に分けたものが七十二候(しちじゅうにこう)です。

 七十二候は紀元前の中国で使われ始め,日本でも早くから取り入れられました。
 しかし黄河流域が起源の暦は日本と合わず,江戸時代,貞享暦(じょうきょうれき:1685-1754)の作者,渋川晴海が日本の自然に合わせて修正した本朝七十二候が作られ,雑節(土用や彼岸など)も設けられました。

 区分が細かすぎる七十二候は実用的でなく,また実体不明な動植物の名も多いことから,現在ではあまり使われません。


二十四節気七十二項
1月小寒


大寒
芹乃栄(せりすなわちさかう)
水泉動(しみずあたたかをふくむ)
雉始(きじはじめてなく)
款冬華(ふきのはなさく)
水沢腹堅(さわみずこおりつめる)
範始乳(にわとりはじめてとやにつく)
2月立春


雨水
東風解凍(はるかぜこおりをとく)
黄鶯遵純(うぐいすなく)
魚上氷(うおこおりをいずる)
土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)
霞始靆(かすみはじめてたなびく)
草木萌動(そうもくめばえいずる)
3月啓蟄


春分
蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
桃始笑(ももはじめてさく)
菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
雀始巣(すずめはじめてすくう)
桜始開(さくらはじめてひらく)
雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
4月清明
穀雨
玄鳥至(つばめきたる)
鴻鴈北(こうがんかえる)
虹始見(にじはじめてあらわる)
葭始生(あしはじめてしょうず)
霜止出苗(しもやんでなえいずる)
牡丹華(ぼたんはなさく)
5月立夏
小満
蛙始鳴(かわずはじめてなく)
蚯蚓出(みみずいずる)
竹笋生(たけのこしょうず)
蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)
紅花栄(べにはなさかう)
麦秋至(むぎのときいたる)
6月芒種
夏至
螳螂生(かまきりしょうず)
腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)
梅子黄(うめのみきばむ)
乃東枯(なつかれくさかるる)
菖蒲華(あやめはなさく)
半夏生(はんげしょうず)
7月小暑
大暑
温風至(あつかぜいたる)
蓮始開(はすはじめてひらく)
鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)
桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)
大雨時行(たいうときどきにふる)
8月立秋


処暑
涼風至(すずかぜいたる)
寒宙鳴(ひぐらしなく)
蒙霧升降(ふかききりまとう)
綿析開(わたのはなしべひらく)
天地始粛(てんちはじめてさむし)
禾乃登(こくものすなわちみのる)
9月白露


秋分
草露白(くさのつゆしろし)
鶺鴒鳴(せきれいなく)
玄鳥去(つばめさる)
雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)
蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ)
水始涸(みずはじめてかる)
10月寒露


霜降
鴻鴈来(こうがんきたる)
菊花開(きくのはなひらく)
蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)
霜始降(しもはじめてふる)
霎時施(こさめときどきふる)
楓蔦黄(もみじつたきばむ)
11月立冬


小雪
山茶始開(つばきはじめてひらく)
地始凍(ちはじめてこおる)
金盞香(きんせんかさく)
虹蔵不見(にじかくれてみえず)
朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)
橘始黄(たちばなはじめてきばむ)
12月大雪


冬至
閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)
熊蟄穴(くまあなにこもる)
硫魚群(さけのうおむらがる)
乃東生(なつかれくさしょうず)
麋角解(さわしかのつのおつる)
雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)

初心者必見! 太陽や月や星を眺めるためのちょっとしたコツや,知っていればより楽しくなる情報です。