卯月

 旧暦4月のことを“卯月”(うづき)と呼びます。
 卯月は“卯の花月”ともいい,“卯の花が咲き始める季節”という意味です。

 卯の花が咲き始めるのは5月から6月ですが,旧暦の季節は1ヶ月ほどずれています。今の季節の5月から6月が卯月だったと考えれば,卯月(4月)が夏の季語となることも納得できますね。

卯の花

 ところで“卯の花”とはどんな花か知っていますか?
 ウツギ(空木)という木に咲く白い花で,花弁は5枚。ウツギの頭文字「ウ」をとって卯の花と呼ばれます。

 ウツギはアジサイ科の落葉低木。
 日本全土の日の当たる場所に分布する身近な木です。
 枝が中空になることから“空木”(ウツギ)という名前で呼ばれるようになりました。

 豆腐を作ったときの豆の絞りかす(豆腐がら)“おから”(雪花菜)の別名が“卯の花”ですよね。
 ウツギの花に似ていることから,こう呼ばれています。
 切らずに料理に使うことができるため,“きらず”(不切)とも呼ばれます。
 おからは炒めて人参や揚げと一緒に煎り上げたり,酢でしめた小魚を漬け込む卯の花漬けなどにして食べますが,家畜の飼料や,家屋や家具のつや出しに使われたりもします。

 4月の別称は他にも色々ありますので,幾つか列挙しておきましょう。

  • 得鳥羽月(えとりはづき) 小鳥の雛には羽毛が生えそろい,人間は衣を脱いで夏服に着替えます。
  • 木葉採月(このはとりづき) 桑の葉を摘んで蚕に与える月。
  • 夏初月・夏端月(なつはづき) 夏の初めの月。
  • 花残月(はなのこりづき・はなのこしづき)
  • 建巳月(けんしげつ)
  • 孟夏(もうか)
  • 陰月(いんげつ)
  • 植月(うえつき)
  • 乾月(けんげつ)
  • 鎮月(ちんげつ)
  • 麦秋(ばくしゅう)

初心者必見! 太陽や月や星を眺めるためのちょっとしたコツや,知っていればより楽しくなる情報です。