2018年3月の星空

 16日の夕刻の空で,水星が東方最大離角を迎えます。

 日没直後の明るい空ですが,水星よりもっと低い位置に金星が輝いていますので目印になるでしょう。下の図は16日午後6時10分(18時10分)の東京の空ですが,水星の地平線高度は13°,金星の地平線高度は10°,大変低い位置ですが,水星としては高い方です。
 水星は太陽から離れず見る機会が大変少ない惑星で,地動説で有名なコペルニクスも死の床で水星を見る機会がなかったことを嘆いたという逸話が残っているくらいです。

 太陽が沈んでから,双眼鏡を使って真西の地平線近くを探してみて下さい。

2018-03-16 18:10 水星の東方最大離角
2018-03-16 18:10 水星の東方最大離角

 この東方最大離角の日の前後,水星と金星は日々位置を変えながら寄り添っています。地平線近くで都会で見るのは難しい位置ですが,特に6日と18日にはかなり接近して見えますので,空の開けた場所へ行くことが可能でしたら双眼鏡などを用いて2つの内惑星の会合を楽しんで見てください。


南中する星座

午後8時(20時)に南中を迎える観察しやすい星座たちです。
☆印の星座は南天の星座のため,日本からは見えません。

上旬 いっかくじゅう座ふたご座
中旬 こいぬ座とびうお座(☆)・とも座やまねこ座
下旬 かに座りゅうこつ座

春の星座 春の全天星図
 
 

見やすい星雲星団

惑星状星雲 M1 (かに星雲/おうし座),M97 (おおぐま座)
散光星雲 M42 (オリオン大星雲/オリオン座)
散開星団 M35 (ふたご座),M36・M37・M38 (ぎょしゃ座),M44 (プレセペ/かに座)
銀河(系外星雲) M81・M82・M101 (おおぐま座),M106 (りょうけん座)

星雲星団を見よう 星雲星団一覧表
 


 
惑星用語の説明 月の形の変化について

天文現象
1 ふたご座 R(周期373日,変光範囲6.0等-14.0等)が極大光度
2 満月 満月:9時51分
5 海王星が:8時19分
6 啓蟄:0時28分。太陽の黄経が 345度になる。
水星が金星の北1°24’:3時28分
7 月が木星の北4°06’:15時56分
9 下弦の月 下弦:20時20分
11 月が最遠:18時14分(視直径28分32秒,1.053)
14 小惑星(3)ベスタが西矩:15時46分
ぎょしゃ座 R(周期462日,変光範囲6.7等-13.9等)が極大光度
16 水星が東方最大離角:0時10分(-0.2等,離角18°.4)
17 新月 新月:22時12分
18 春の彼岸の入り
水星が金星の北3°53′:10時17分
21 春分:1時15分。太陽の黄経が 0度になる。
25 上弦の月 上弦:0時35分
27 月が最近:2時17分(視直径32分22秒,0.950)
火星が西矩:8時31分
30 ペガスス座 R(周期374日,変光範囲6.9等-13.8等)が極大光度
31 満月 土星が西矩:14時33分
満月:21時37分