啓蟄と春分

 季節の歩みを話題にするとき,立春・大暑・白露・大雪などの名前をよく耳にします。
 これらは二十四節気(にじゅうしせっき)と言って,太陽の黄道上の位置によって決められた季節区分です。太陽の黄経(※ おうけい)が0度になった時を“春分”,そこから太陽が15度進むごとに,清明・穀雨・立夏・小満…と名付けられています。

※ 黄経とは,天球上で太陽が通る道=黄道における経度のことです。春分の時の太陽の位置=春分点から東回りに計ります。


啓蟄

 太陽の黄経が 345度。
 雨水から数えて15日目。太陽暦で毎年3月5日~6日頃。
 啓蟄(けいちつ)は,“土の中で冬ごもりしていた虫が地上に出てきて動き出す頃”という意味です。


春分

 啓蟄から数えて15日目。太陽暦で3月21日頃。
 春分(しゅんぶん)は,正確には太陽が春分点(※)を通る時刻のことで,この日,太陽は真東から昇り真西に沈み,昼と夜の長さが等しくなります。
 日本で祝日となる春分の日は,春の彼岸の中日にあたり自然を讃え生物を慈しむ日です。もともとは春季皇霊祭という,歴代の天皇の霊を祭る宮中の祭りの日でした。

※春分点:天球上で黄道と赤道が交わる2点のうち,太陽が赤道の南から北に通過する点。


マンサク
マンサク

3月のお話

弥生
March
啓蟄と春分
春一番・花散らし・春嵐
・ Lenten Moon(受難節:レントの月)
・ 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
灰の水曜日(Ash Wednesday)
聖パトリック祭(St Patrick’s Day)
イースター・エッグ(Easter egg)


ミラハウス歳時記 INDEX

十二の月のお話
二十四節気と七十二候
節句
雑節(ざっせつ)
いろいろな季節のお話

初心者必見! 太陽や月や星を眺めるためのちょっとしたコツや,知っていればより楽しくなる情報です。