June

 例年,6月に入る前後で九州南部が梅雨入りします。
 6月に入ってしばらくすると,九州北部から関東地方までが次々と梅雨入りしていきます。災害が起こらないことを祈りながら迎える日本の6月は,太平洋高気圧と大陸の高気圧が勢力争いをする闘いの月です。

クチナシの花

ジュノーに捧げる月

 けれどもヨーロッパでの6月は,過ごしやすい季節。
 「June」という6月の英名は,“ジュノーに捧げる月”という意味です。

ヘラ (Hera)

 ジュノー(Juno,ユノー)は,ローマ神話の結婚・出産の女神で,ローマ神話の主神ジュピター(ユピテル,Jupiter)の妻です。ギリシア神話ではゼウスの妻ヘラに相当します

 古代ローマでは,6月が結婚の季節とされ,この月を結婚や家族を司る女神ジュノーに捧げたのでした。
 ジューン・ブライド(June bride,六月の花嫁)は幸せになれるという言い伝えがありますが,6月に結婚をすれば,ジュノーに守られ幸せになれるというわけです。

 英米では6月は季候が良く学校の卒業の時期でもあるため,今も結婚式が多い月となっています。


ユニウスの月

 「June」の由来としてもう一つ知られているのが,「Junius(ユニウス)の月」というものです。
 ユニウスはローマの氏族名です。Junoの由来は,古代ローマ末期の政治家マルクス・ユニウス・ブルトゥス(Marcus Junius Brutus,85 B.C.- 42 B.C.)に関係があるようですが,詳しくは分かりません。
 なお,ユニウス・ブルトゥスは,シェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』における「ブルータス,お前もか」というセリフで有名な人物です。


 馴染みやすいのは,ジューン・ブライドに縁のある「女神ジュノーの月」という説ですね。

クチナシの花

6月のお話

水無月
芒種と夏至
入梅・梅雨・五月雨
Full Flower Moon(花の満月)
螳螂生(かまきりしょうず)
サクサイワマンの太陽の祭
聖ヨハネ祭(St.John’s Day)と Midsummer Day

初心者必見! 太陽や月や星を眺めるためのちょっとしたコツや,知っていればより楽しくなる情報です。