クリスマスの十字架と銀杏ヒヨドリ

2020年12月の星空

 日没が早く夜が長く空も澄んでいる12月は、星空観察に良い季節です。明るい星が多くにぎやかな冬の星座達も,早い時間帯から見られるようになります。

流星群

 毎年師走の空を飾るふたご座α流星群は,今年は新月直前の好条件です。
 極大は14日朝になっていますので,12日夜と13日夜に観察すれば流星が増えていく様子がわかるでしょう。ZHR=150が予想されており,今年一番の期待の流星群です。

 ふたご座流星群は明るい流星が多いのですが,近年は火球も増えていっそう華やかになってきています。活動期間は12月5日頃から12月20日頃まで。冬の星座であるふたご座に流星群の放射点があるため,一晩中コンスタントに流れます。
 12月は日没が早く夜が長い季節でもありますから,思い出したら夜空を見上げてみてください。偶然明るい流星に出会えるかもしれません。
 流星観察については 流れ星を見てみよう をご参照ください。

 ふたご座流星群が活動を終える頃,一年の最後を締めくくるこぐま座流星群が流れ始めます。こぐま座流星群は8P/タットル彗星を母天体とする流星群。今年は上弦の月がありますので,月が低くなる夜半近くからが見頃です。
 明るい流星が北天から緩やかに流れ,HR=10が予想されています。小さな流星群ですが火球が流れることもあります。


惑星と月の会合

 7月に衝を迎えた木星と土星が,夕刻の西空で接近します。特に17日から18日は月齢3~4の細い月が近くを通り賑やかになります。
 薄明が残っていても見えますので,暗くなってきたら西の空を見上げてみましょう。風景を入れて写真を撮ると良い記念になります。
 東京での夕方17時の木星と土星の地平線高度は20度。高いビルなどがあると見えませんから,西の空がある程度開けた場所で惑星と月の会合を楽しみましょう。

2020年12月17日 17時の空 (クリックして拡大してください)
2020年12月17日 17時の空の拡大 (クリックして拡大してください)

皆既日食

 15日の皆既日食は南米大陸や南極大陸で見られ,日本は夜間で見ることができません。
 日本では14日22時半~15日4時くらい。日蝕をライブ中継するサイトなどがありますから,興味がある方はネットで臨場感を味わいましょう。


南中する星座

午後8時(20時)に南中を迎える観察しやすい星座たちです。
☆印の星座は南天の星座のため,日本からは見えません。

上旬カシオペヤ座ほうおう座
中旬くじら座さんかく座
下旬おひつじ座・みずへび座(☆)・ろ座

冬の星座
冬の全天星図


見やすい星雲星団

惑星状星雲
散光星雲M42 (オリオン大星雲,オリオン座)
散開星団M34 (ペルセウス座)
h-χ (二重星団,ペルセウス座)
M45 (プレアデス星団,すばる,おうし座)
球状星団
銀河(系外星雲)M31 (アンドロメダ大星雲,アンドロメダ座)
M33 (さんかく座)
M74 (うお座)
M77 (くじら座)

星雲星団を見よう
星雲星団一覧表


2020年12月のカレンダー

曜日月相天文現象
7大雪:1時9分。太陽の黄経が 255度になる。
8?下弦:9時37分
9皇后御誕生日
10海王星が東矩:4時41分
13月が最近:5時42分(距離 0.941)
14ふたご座α流星群?が極大:9時50分(条件良)
15?新月:1時17分(皆既日食だが日本では見られない)
20水星が外合:12時26分
21冬至:19時2分。太陽の黄経が 270度になる。
22?上弦:8時41分
こぐま座流星群?が極大:18時(条件良)
25月が最遠:1時31分(距離 1.054)
30?満月:12時28分

惑星用語の説明
月の形の変化について


12月のお話
師走
December
大雪と冬至
時雨・寒波・年末低気圧
閉塞成冬(七十二候 大雪~冬至)
Hunter’s Moon
アドベント

クリスマスの十字架と銀杏ヒヨドリ

データ出典:
・暦 国立天文台 電算室
・流星 IMO | International Meteor Organization