コスモス(秋桜)

2022年10月の星空

星空解説

 空高く馬肥ゆる秋。
 空が澄み渡り安定した晴れの日が多く十月は,日暮れも早く,星を見るのに良い季節です。

 宵の頃には夏の大三角が西空に輝き,夜半前には東の空から賑やかな冬の星座たちが上ってきます。有名なギリシア神話に彩られた秋の星座たちは,ペガススの四辺形からたどってみましょう。

 → 秋の星座を探してみよう


惑星

 9月末にを迎えた木星(♃)が観望好機。
 8月にを迎えた土星(♄)も,夜半前の南西の空でまだまだ観察しやすい位置に見えています。
 都会の街明かりの下でもよくわかる明るい惑星たちで,小望遠鏡があれば街中でも木星の縞模様や土星の環を楽しむことが出来ます。

ミラ
木星と土星は小望遠鏡のスケッチ観測がお勧め!

 木星と土星は明るくて誰にでもすぐに見つけられるので,木星と土星をたよりに,やぎ座みずがめ座の星々をたどってみると,星座も見つけやすいでしょう。

 9日明け方には木星と月の合が起こります。
 月は満月に近く明るいですが,すぐ横にくっ付くようにして木星が見られます。

 合の時間には月没になるため,午前3時くらいに見てみるのが良さそうです。
 もちろん夜の早い時間帯に眺めても,十分に近づいた月と木星が見られますので,時間にはあまり拘らずに空を見上げてみると良いでしょう。


 夜半過ぎの東の空では火星(♂)が見やすくなってきます。
 火星の近くには,赤い1等星おうし座のアルデバランやオリオン座のベテルギウスが見えています。赤さを比べてみましょう。

 水星(☿)は,9日に夜明け前の東の空で西方最大離角を迎え,しばらく観望好機です。
 9日午前5時の東京での地平線高度は約8°。
 大変低い位置ですが,それでも水星としては見やすい高さです。空が開けた場所で双眼鏡などを使って探してみましょう。

水星の西方最大離角(2022-10-09)
水星の西方最大離角(2022-10-09)

 金星(♀)は23日に外合を迎え,その後は夕刻の西空に移動しますが,10月中は低空で観察しにくい状態です。

2022年10月の惑星(2022-10-15 23:00)
2022年10月の惑星(2022-10-15 23:00)

十三夜

ケイト
十三夜は栗名月とか豆名月とも言うよ!

 十三夜は「後の名月」とも呼ばれ,陰暦9月13日の月のことす。
 2022年は10月8日です。

 日本のお月見は,中秋の名月(十五夜)後の名月十三夜)の両方の名月を見るもので,どちらか片方だけ見るのは片見月と呼び,縁起が悪いものとして忌み嫌われました。

 9月に中秋の名月を見た方は,忘れずに十三夜にもお月見をしましょう。
 十三夜は栗名月とか豆名月とも呼ばれ,栗や枝豆を供えます。


流星群

10月りゅう座流星群

 9日10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)が極大を迎えます。

 今年は満月前の明るい月明かりがあり条件はよくありません。観測される方は,月が直接目に入らない工夫をしましょう。

 この流星群は 輻射点が早めに沈んでしまうので 宵の口から夜半にかけてが見頃です。8日の宵の口から9日にかけて観測しましょう。

 母天体のジャコビニ・チンナー彗星(21P/Giacobini-Zinner)は6.6年周期で,だいたい13年に一度活発になります。周期群から定常群へ移行しつつある流星群で1時間に数個程度は期待できます。

ミラ
流星観察は寒さに注意だよ!

 この群の流星は,非常にゆっくりふわっと流れる特徴を持っています。
 流星観察は冷えますので,しっかりと防寒対策をしましょう。流星観測を計画しておられる方は,流れ星を見てみよう のページを参考にしてください。


オリオン座流星群

 2 2日未明,ハレー彗星を母天体とするオリオン座流星群が極大を迎えます。
 新月前で月明かりもなく,ピーク時刻も夜中で条件良好です。

 オリオン座流星群は10月2日から11月7日頃まで,長い期間流れる流星群です。
 ピークの日以外にもよく活動している流星群なので,極大日にそれほど拘る必要はありません。晴れた日は,放射点が上がってくる夜半過ぎから眺めてみましょう。

 痕を伴う明るい高速流星が特徴で,極大に近い頃なら1時間に10個程度の流れ星が期待できます。



南中する星座

午後8時(20時)に南中を迎える観察しやすい星座たちです。
☆印の星座は南天の星座のため,日本からは見えません。

上旬インディアン座(☆)・こうま座はちぶんぎ座(☆)・やぎ座
中旬ケフェウス座
下旬つる座 ・ とかげ座ペガスス座みずがめ座みなみのうお座

秋の星座
秋の全天星図


見やすい星雲星団

惑星状星雲M27 (あれい状星雲/こぎつね座)
M57 (環状星雲/こと座)
NGC7293 (らせん状星雲/みずがめ座)
散光星雲NGC7000 (北アメリカ星雲/はくちょう座)
散開星団
球状星団M2 (みずがめ座)
M15 (ペガスス座)
M30 (やぎ座)
M56 (こと座)
銀河(系外星雲)

星雲星団を見よう
星雲星団一覧表


2022年10月のカレンダー

 曜日月相天文現象
1準惑星 (136472) マケマケが:21時50分
3上弦の月のイメージ上弦:09時14分
4重陽
不成就日
三隣亡
5月が最近(距離 0.961):01時34分
一粒万倍日
7水星が近日点通過(距離 0.308au):05時58分
天一天上
8寒露(太陽の黄経 195度):16時22分
十三夜(後の月)
一粒万倍日
三隣亡
9木星と月が合(離角 1°50′):04時37分
水星(☿)が西方最大離角(離角 -17°59′):06時
10月りゅう座群(ジャコビニ流星群)🌠が極大:10時
10満月のイメージ満月:05時55分
スポーツの日
11おうし座南流星群🌠が極大
一粒万倍日
12不成就日
17月が最遠(距離 1.052):19時20分
18下弦の月のイメージ下弦:02時15分
準惑星 (136199) エリスが:06時02分
20金星が地球最遠(距離 1.717au):16時37分
土用(太陽の黄経 207度):19時13分
不成就日
一粒万倍日
三隣亡
22オリオン座流星群🌠が極大:03時
天しゃ
23金星(♀)が外合:06時17分
準惑星 (136108) ハウメアが :07時03分
霜降(太陽の黄経 210度):19時36分
一粒万倍日
25新月のイメージ新月:19時49分
部分日食(日本では見られない)
26八せん始め
28不成就日
29月が最近(距離 0.958):23時36分

2022年/令和4年/皇紀2682年/平年/ 壬寅(みつのえとら)

惑星用語の説明
月の形の変化について


10月のお話

神無月
October
寒露と霜降
秋晴れ・露
鴻鴈来(七十二候 寒露~霜降)
Harvest Moon
お月見
輝け、十月の太陽よ(セイタカアワダチソウ)

コスモス(秋桜)
コスモス(秋桜)

データ出典

・暦 国立天文台 電算室
・流星 IMO | International Meteor Organization