2020年03月の星空

星空解説

 7月に衝を迎える木星土星が 明け方の南東の空に上るようになり,火星も加え惑星の会合を楽しめる季節の始まりです。
 特に火星の動きは速く,ゆっくり動く木星と土星の間を火星が足早に動き回る様子が見られます。

 下の星図はクリックで拡大できます。

等間隔に並ぶ火星・木星・土星(2020年3月4日午前5時)

 3月18日は月齢23.5の月が午前2時過ぎに上ってきます。
 月に率いられるように火星・木星・土星が上り,賑やかな空が見られます。

月も加わって賑やかな惑星の会合(2020年3月18日午前5時)

 3月21日には火星と木星がくっ付くように接近した様子が見られます。
 月齢26.5の三日月形の月が上るのは午前4時半頃です。

火星と木星が接近(2020年3月21日午前5時)

 また,明け方の空低く水星も出ています。
 水星は24日に西方最大離角を迎えますが,午前5時の東京での地平線高度は4度。東の空の地平線近くまで見える場所に行かないと探すのは難しそうです。
 水星を探すなら,双眼鏡があると良いでしょう。くれぐれも上ってきた太陽を見たりしないように気をつけて下さい。

水星の西方最大離角(2020年3月24日午前5時)

 水星はすぐに見えなくなってしまいますが,土星・火星・木星は空が白み始めてもしばらく見ることができます。
 風景と一緒に惑星の動きを写真に撮っても楽しいですよ。

南中する星座

午後8時(20時)に南中を迎える観察しやすい星座たちです。
☆印の星座は南天の星座のため,日本からは見えません。

春の星座
春の全天星図

上旬いっかくじゅう座ふたご座
中旬こいぬ座とびうお座(☆)・とも座やまねこ座
下旬かに座りゅうこつ座

見やすい星雲星団

惑星状星雲M1 (かに星雲/おうし座),M97 (おおぐま座)
散光星雲M42 (オリオン大星雲/オリオン座)
散開星団M35 (ふたご座),M36・M37・M38 (ぎょしゃ座),M44 (プレセペ/かに座)
銀河(系外星雲)M81・M82・M101 (おおぐま座),M106 (りょうけん座)

星雲星団を見よう
星雲星団一覧表

2020年3月のカレンダー

曜日月相天文現象
3🌓上弦:4時57分
5啓蟄:6時10分。太陽の黄経が 345度になる。
8海王星が:21時23分
9海王星:地球最遠(距離 30.924au)
10🌕満月:2時48分
月が最近:15時30分(0.929)
16🌗下弦:18時34分
17春の彼岸の入り
20春分の日
春分:12時50分。太陽の黄経が 0度になる。
23春の彼岸明け
24🌑水星が西方最大離角:11時(離角-27°47′)
新月:18時28分
25月が最遠:0時23分(1.058)
金星が東方最大離角:07時(離角46°05′)
26外縁天体 準惑星 (136472) マケマケが :10時51分

2020年/令和2年/皇紀2680年/閏年/ 庚子(かのえね)

惑星用語の説明
月の形の変化について

3月のお話

弥生
March
啓蟄と春分
春一番・花散らし・春嵐
Lenten Moon(受難節:レントの月)
蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
灰の水曜日(Ash Wednesday)
聖パトリック祭(St Patrick’s Day)
イースター・エッグ(Easter egg)

春を告げるマンサクの花

データ出典:
・暦 国立天文台 電算室
・流星 IMO | International Meteor Organization